歯科での自費治療

歯科での自費治療について

歯科の自費で使われるクラウン

歯科医院で歯を削って、差し歯やかぶせ物をしたことがある人は多いでしょう。歯全体を覆うようなものを、クラウンと呼び、毎日の診療の中でよく使われています。保険診療では、銀歯として認識されていることが多いですが、保険外治療の自費では、白いクラウンにすることも可能です。歯科医院によって自費の金額は変わってきますが、1本あたり10万円前後の治療費になります。プラスチック製であれば、もう少し安くすることができますが、変色しやすく、割れやすいので、セラミックなど長期間きれいな状態で使えるものを選ぶといいでしょう。

歯科には自費の治療が多い

歯科は普通虫歯や歯痛の時に通いますが、保険が効くので安く済ませる事が出来ますが、治療によっては、保険が適用されない自費の治療がたくさんあります。虫歯や歯痛などの病気として行くのは保険が効き治療出来ますが、美容的な治療はのほとんどは、自由診療となり、負担額が10割となる自費となるのです。代表的な物に、差し歯があり、保険差し歯は耐久性も悪く長持ちしませんが、保険適用外の差し歯は、とても綺麗で耐久性のも優れるのです。綺麗にする為とみなされ、保険が効かないのです。その他にもインプラントや口臭予防といった治療も保険外になってしまうのです。歯科によって価格が異なるので、安く治療出来る所を探すのが効果的です。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科での自費治療について All rights reserved